犬 栄養

ワンちゃんにとって必要な栄養とは?

● 本来必要な栄養素

 

ワンちゃんにとって、本来大切な栄養素とはどんなものでしょう。

 

 

それは人間と同じです。

 

よく、“6大栄養素”なんて言われますが、
まさにその6大栄養素が大切です。

 

 

● 6大栄養素とは

 

6大栄要素とは、

 

・ 水
・ ミネラル
・ ビタミン
・ たんぱく質
・ 脂肪
・ 炭水化物

 

以上の6つです。

 

 

 

では、それぞれどんな役割があるのでしょうか?

 

◎ 水

 

人間の体はほとんどが水でできていると言われる程、
水は生きていく上で、なくてはいけないものです。

 

それは、ワンちゃんにとっても同じこと。

 

ワンちゃんの体の約60パーセントは、水でできていると言われています。

 

もし、ワンちゃんがエサを食べなかったとしても、
数日は水を飲んでいれば問題はありません。

 

ワンちゃんには、毎日新鮮で綺麗な水をあげるようにし、
水の取り替えを忘れないようにしてあげましょう。

 

 

◎ ミネラル(無機質)

 

ミネラルとは、ワンちゃんの体にとって欠かせない栄養素です。

 

水みたいにたくさん取る必要はないですが、
少なすぎても体調不良になってしまいます。

 

ミネラルは、複数のミネラルが組み合わさって働くため、
バランスがとても重要です。

 

ミネラル=鉄・マグネシウム・カルシウム・リン
ナトリウム・カリウム・ヨウ素・亜鉛。

 

 

◎ ビタミン

 

ビタミンは、ワンちゃんにとって体調を整える役割のある栄養素です。

 

ただ一つ、人間とワンちゃんで違う部分があります。

 

それは、ワンちゃんにはビタミンCが必要ないこと。

 

なぜなら、ワンちゃんは自分の体の中でビタミンCを作るこが出来るため、
わざわざ摂取する必要がないからです。

 

では、どんなビタミンを摂取したら良いのでしょう?

 

それは、
・ ビタミンA
・ ビタミンD
・ ビタミンE
・ ビタミンB1
・ ビタミンB2
・ ビタミンB3
・ ビタミンB6
・ ビタミン12
・ ビタミンM
・ パントテン酸
・ コリン

 

以上が、ワンちゃんが摂取する必要のあるビタミンです。

 

ドックフードやおやつだけでなく、
ワンちゃんにあげる食べ物にどんなビタミンが含まれているか
調べてあげられるといいですね。

 

 

◎ たんぱく質

 

たんぱく質とは、ワンちゃんにとっても重要な役割をもった栄養素です。

 

なぜなら、ワンちゃんのご先祖様は肉食動物で、
たんぱく質=主食だったからです。

 

よって、たんぱく質はワンちゃんの体を作る上でとても重要なものになります。

 

たんぱく質は、体に入るとエネルギーとして使われます。

 

そして残りが体を作るために使われます。

 

たんぱく質はアミノ酸に分解されて、吸収されます。

 

たんぱく質は種類によって含まれるアミノ酸が違う為、
タンパク源の種類は豊富な食べ物が良いと言われています。

 

 

◎ 脂肪

 

脂肪=脂質になりますが、脂質は体を作る役割のある栄養素になります。

 

また、エネルギー源でもある脂質は、
脂溶性ビタミンを体内に運ぶ働きもあります。

 

脂質は主に、筋肉や脳に取り込まれ、エネルギー源として
活用されていきます。

 

 

◎ 炭水化物

 

炭水化物は糖質とも言われ、脂肪と一緒で
脳や筋肉に取り込まれてエネルギー源として活用されます。

 

そして残った糖質は、インシュリンというホルモンの働きで
脂肪細胞や筋肉細胞に蓄えられます。

 

しかし、炭水化物は人間にとっては主食ですが、
ワンちゃんの場合は、人間ほど糖質の分解が上手ではありません。

 

よって、あまり多く取らないように気をつけましょう。

 

 

以上が、6大栄要素の役割になります。

 

栄養素の中にも、多くとって良いものや、
逆に取り過ぎると害になってしまうものもあります。

 

そのため普段から食べさせている食べ物に、
どんなものが入っているか少しでも気にしてあげられたら良いですね。

 

それらを知ることによって、
ワンちゃんに安全な食べ物か知ることができると思います。

 

 

⇒私が愛犬に最近食べさせているドッグフードは…

 

関連ページ

無駄吠えをする理由について
NDFナチュラルドッグフードの体験レポしました!わが家の愛犬を痩せ気味で少食…。なんとか体重を増やしたいので太りやすいドッグフードを探していた所、NDFナチュラルドッグフードが良いという噂を聞いて試してみました。ワンちゃんの体重増加させたい飼い主さんは必見です。